2017-10-08

ワードプレスのSSL化

peewee-wp

peewee をワードプレスで新設するにあたり、サイト全体をSSL化しました。

スポンサーリンク


SSLとは・・・情報を暗号化して送受信してくれる仕組みです。

ssl-introduction-1
例えば、Webサイト上で「個人情報」や「クレジットカード番号」などを登録するさいに、暗号化して送受信してくれます。

これによって、第三者から盗み見らていても、暗号化されているので、内容を特定される事はありません。

既存のワードプレス(MOCOT)をSSL化するには、手間がかかりましたが、今回は新設なので簡単にSSL化できました。

私がレンタルしているサーバーロリポップは独自SSLが無料なので使わないのはもったいないです。

ロリポップでのワードプレスSSL化方法

独自SSL証明書の取得後にWordPressダッシュボードにてURLを変更します。

■変更手順
(1) WordPressダッシュボードにログインします。
(2)左側のメニューより『設定』>『一般設定』を選択します。
(3)「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を「https://」から始まるURLに修正します。
(4)『変更を保存』をクリックして完了です。

※新規でもテーマ内の「http」を「https」へ書き換えること。
または「http」を「//」に書き換えることですが重要です。

既存のワードプレスをSSL化する方法(2017.10.20追記)

サイト全体をSSL化に成功していましたが、個別記事に鍵マークがつかなくなりました。
問題は、feedlyのシェアボタンを設置した時にうっかりURLの凡ミスをしたからでした。(以下の4番が原因でした)
問題解決の為にSSL化のおさらいをしたので記録しておきます。

  1. 「外見」→「テーマの編集」画面を確認。
    その後、ページ文字検索(ctrl+F)で「http://」を検索して訂正。
  2. プラグイン「Search Regex」をインストール有効化
  3. Sourceは「post comment(投稿記事)」のまま。
    Search patternに「href=”http://」と入力。
    そして、「Search」をクリック。
    非SSL先のリンクが記載されている投稿記事が表示されます。
    「Replace pattern」欄に
    「href=”https://」と入力。
    「Replace&save」をクリックで一括置換されます。
  4. テーマウィジェットの中やSNSボタンの「href=”http://」を「「href=”//」に変更。
  5. すべてのサイトのページで鍵マークがついているか確認する。
    ページで鍵マークが表示されていない場合は、グーグルクロマを開いてF12ボタンを押してエラー箇所を調べる。
  6. 黄色い三角で構成されている注意喚起マークをクリックして詳細を確認します。
    私は、これで原因を究明できました。
    感謝、感謝です。
    googlechrome

 

 

  • follow us in feedly
スポンサーリンク


タグ:
こちらの記事も読まれています。