2021-09-16

プラグトレーでパンジーの種まきをしたよ。

パンジーは何度か自分で種まきしていましたが、最近では近くの花屋さんでは花苗が50円だったりすることもあって、自分で種を蒔くよりもお値打ち簡単だったので蒔くことをお休みしていました。

しかし、昨年はコロナ禍で花屋さんに行ってもゆっくとお買い物を楽しむことが出来ず、ささっと選んで苗を買わなければなりませんでした。

それで、今年は自分で種を蒔くことにしました。

スポンサーリンク


月乃流パンジーとビオラの種まき


1.最低気温が20℃位になったら種まきをする。

できれば新月がベスト。


2.プラグトレーを使う

これを使うと、発芽後のポット上げ時に根がからまず植物の負担を軽減できる。


3.種まき専用土を使う。

カビや病気のリスクが軽減できます。

 


4.底面給水で管理する

上からジョウロで水やりするとパンジーの種が流れてしまいます。
プラグトレーと底面給水トレーはサイズがピッタリなのでお気に入りです。


5.双葉になったら、出来るだけお日様にあてて徒長させないように管理します。

まだまだ日差しが強いので、お天気によっては木陰に移動させることもあります。

動画で観るプラグトレーを使ったパンジーの種まきの方法

スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています。