2017-11-14

月乃のクイック大掃除

cleaning-2

月乃家では、大掃除は11月中に済ませます。

その理由は

  1. 寒さに震えながら掃除をするのが嫌だ。
  2. 12月になったらすぐにクリスマスツリーを出したい。
  3. 大掃除を気にしないでクリスマスの準備とクリスマスパーティー、お正月を楽しみたい。

です(笑)

旧ブログでは、かなりマニアックな掃除をしていましたが、最近では、いかに簡単に素早く掃除をするかを模索しております。

そんな私のクイック大掃除をご紹介致します。

スポンサーリンク


月乃のクイック大掃除

まず「大掃除は11月中に済ませる理由」第一をクリアーする為に、窓ガラスの掃除を一番初めにします。

しかし、ただ窓ガラスを磨くだけでは効率が良くありません。

効率的に掃除する方法です。

また、このクイック大掃除の必要十分条件は「お天気の日」であることです。

クイック大掃除の流れ

  1. シーツを洗う。洗っている間に普段の掃除をする。
  2. 布団を干す。
  3. シーツを干したらレースのカーテンを洗う。
  4. 洗ってる間に窓ガラスを磨く。
  5. 洗いあがったカーテンをレールに掛ける(乾くまで窓は開けたまま)
  6. ベッドに掃除機をかける。
  7. ベッドメイキングをする。

この流れで掃除をすることによって、窓ガラスを掃除する時のホコリでお布団を汚すこともなく、窓を磨くのにレースのカーテンが邪魔になることなく掃除が出来るのです。

しかも、一日で一部屋の大掃除ができます。

後は、お天気の悪い日に家具を磨いたり、クイック断捨離をすればOK。

では、もう少し詳しくお掃除方法をご紹介します。

月乃のクイックガラス磨き

cleaning-0

窓ガラス掃除グッズ

  1. 使い古しタオル
  2. 小さな刷毛
  3. 細身のブラシ
  4. 割りばし
  5. スクイージ

画像の他に掃除機を使います。

タオルはHCなどで販売されている5枚600円位のものです。

新しいうちは、髪を乾かす為に使っています。

掃除に使うには高価なタオルだとカットすると糸くずが沢山でたり、ガラス面に残ったりで適していません。

このタオルは、使い古すと雑巾にぴったりなのです。

この為に使っているような感じですね(汗)

さて、タオルは半分にカットして使います。

1~4までは百均のもので十分ですが、スクイージだけはちゃんとしたものを用意しないと窓ガラスが簡単にきれいになりません。

このスクイージおしゃれ!次回はこれにします。

掃除方法

  1. 掃除機を当てながら、細めのブラシと刷毛でサッシの溝のホコリをかき出します。(これによって雑巾がけがかなり軽減できます)
  2. 半分にカットしたタオルの一枚を水で濡らしてしっかりと絞ります。
  3. 濡れタオルを割りばしの先に巻いてサッシの端を拭きます(巻きは1回だったり2回だったりと溝に合わせて調節します。
  4. サッシ全体を噴き上げます(ここまできっちりできれば後は簡単)
  5. 雑巾をしっかり濯いで、ガラス面を拭きます(汚れがひどい時は二度拭きします)
  6. スクイージでこすればピカピカ!
  7. 乾いたタオルで気になるところを磨きます。

私は窓ガラス磨きに洗剤も新聞紙も使いません。

だってこれでキレイになりますから。

クイック大掃除の心得を一つ。

「あまり神経質にならないこと」です(笑)

  • follow us in feedly
スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています。