2017-12-30

大晦日の前にする大切なこと

Kakei I-2
月乃家では、大晦日の前にする重要なことがあります。

それは来年の一年間を通しての予算を計画することです。

スポンサーリンク


これが無くては怖くてお金は使えません

Kakei I-0

一年間の特別費の予算計画です。

特別費は、税金などの支出額が決まっている(確定支出)とファミリーイベントなどの金額が決まっていない(やりくり支出)に分けて計画しています。

これらの予算をボーナス等の収入から引いたものが自由に使ってよいお金になります。

自由に使えるお金は、意外と想像より少ないものです(汗)

ボーナスが入ったばかりの12月は、沢山お金があるような気分がしてお財布のひもが緩みがちになります。

こうして本当に自由に使ってよい金額を導き出しておけば無駄な出費をして後悔することを防げます。

家計簿は家族の記録

特別費は「住まいのメンテナンス記録」「家電・備品購入&修理記録」「贈答リスト」「車のメンテナンス記録」「ファミリーイベント記録」の5冊を作って記録しています。

月乃家では、家族のイベントをとても大切にしています。

子供家族総勢12人と両親、叔父のお誕生日のお祝いはかかせません。

「ファミリーイベント」には、お誕生日に何をプレゼントしたか、どこのお店で買ったか、どんな料理にしたかなども記録しています。

そのノートを見れば、昨年はどんな大晦日パーティーだったかがわかります。

眺めていても楽しいですし、なによりお金を使う不安がありません。

収入以上の出費は、貯金を崩してしまいます。

予算を立てておけば無用な心配や不安を持たないで済みます。

クリスマス・大晦日・お正月と出費がかさむ今こそ、しっかりと未来を計画したいもの。

お金の使い方は、その人の人生を表していると思います。

お金は幸せの為に使いたいですね。

お道具箱に一年間の家計簿を保管しています

Kakei I-1

一年間の家計簿は100均のお道具箱にシールを貼って保管しています。

こうしておけば、調べ物の時にすぐ見つかります。

  • follow us in feedly
スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています。